ブログ

ナードアロマアドバイザー講座の試験って難しい!?

先日は「ナードアロマアドバイザー試験対策講座」でした。

学ぶのは楽しい!

今まで知らなかったことを知るのは、ウキウキする♬

などなど、受講生様たち、講座の時はとっても嬉しそう。

 

新しい知識を得るたびに

「へぇ~~! そうなんですね」

「おもしろ~~い!」

と楽しんで下さる。

 

講師冥利に尽きます!

 

でも、これが試験となると…?!

対策講座を受けていると

  • あれもこれも、覚えられてない!
  • こんなにいっぱい、色んなことをしないといけないの!?
  • む・むずかしぃ~~~!!!

なんて、心の声がだだ洩れです。(笑)

「ナードアロマアドバイザー試験」では

  • アロマテラピーの歴史
  • アロマテラピーの基礎知識
  • 精油の抽出部位の問題
  • 精油の芳香成分類・固有分子・作用・禁忌・注意事項の問い(40種)
  • ナードが定める精油の定義・条件
  • 精油の化学
  • 植物油(6種)
  • ハーブウォーター(6種)
  • 精油の濃度計算
  • 精油の電子座標軸
  • 解剖生理学の基礎

など広範囲から出題されます。

選択問題もあるけれど、記述問題もあります。

 

 

選択問題は、例えば問題数が5問でも選択肢は5個ではなかったりします。

だから選択肢問題とはいえ、しっかりと脳に知識を定着させてないと、試験中に混乱していします。

 

 

受講生の皆さんは、とってもお忙しいです。

フルタイムやパートタイム。

中には、ご自身で会社を経営されている方もおられます。

それに、プライベートでは育児に介護。

時間を何とか捻りだし、細切れ時間を活用し勉強の時間に充てて下さっています。

 

 

そんな大変な思いまでして、試験を受けないといけないの?

そんな風に感じることもあるかもしれません。

そんな時に、思い出していただきたいのが

「受講を決めた時の気持ち」です。

 

  • 介護や医療の分野でアロマを活用したい
  • 介護をしている人のサポートとして、アロマをお伝えしたい
  • 高齢者施設でアロマを活用したレクリエーションの導入を進めたい
  • 在宅介護をしている家族にサポートケアのひとつとしてアロマを伝えたい

などなど、受講時のお気持ちは様々。

 

何らかの形で

「アロマテラピーをお仕事の分野で生かしていきたい!」

というお気持ちでの受講の方が多いのが、当スクールの特徴です。

 

「自分のため」だけでなく「人のため」に生かしていきたいのであれば、正しい知識を学び、一旦自分の脳内に定着させることが必要です。

「脳に定着させる作業」=「試験勉強」

と捉えていただければ、と思っています。

 

仕入れた知識は、反復しないと記憶されません。

記憶されていないものを、必要な時に引き出すことは出来ない。

インプットを大量にし、「試験」という形でアウトプットすることで、得た知識が頭の中で整理され引き出しやすくなるのです。

 

あなたが最初に決めた目標に近づくため、当スクールでは「試験対策講座」を受講生様特典でお付けし、オリジナル問題集をご用意しています。

学んだことを人のために役立てる、という使命を果たすための伴走をさせていただきます♫

 

ただ今、9月以降(水)(金)コースで受講生様募集中!
詳細は、ナードアロマアドバイザー講座をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ナード・アロマアドバイザー講座

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP