ブログ

アロマバスソルト、ソルトと精油を混ぜただけで大丈夫?!

寒さが近づいてくると、アロマ活用法の1つとして使いたくなるのがアロマバス。

アロマバスとして精油を活用する時、あなたはどんな基材でアロマバスを作成していますか?

 

 

一番の頭に思い浮かぶのが

「バスソルト」

かもしれません。

 

 

 

 

 

 

ミネラル成分たっぷりのソルトには

  • お肌の清浄作用
  • 保温作用
  • 発汗作用

が期待でき、寒くて冷えが気になる季節にはとってもありがたい基材です。

 

 

でも、ちょっと待って!

ソルトに精油を混ぜただけで、浴槽に投入していませんか?

 

 

ソルトに精油は溶けません。

そして水にも精油は溶けません。

ということは

ソルトに精油を垂らしたものを浴槽に投入すると

しばらくすると

湯面に油膜のような精油が浮いてきます。

 

 

それがもし皮膚に接してしまうと、どうなるでしょうか?

乾燥などにより、皮膚が刺激に対して敏感になっていれば

皮膚トラブルを起こす可能性もあります。

 

アロマバスとして精油を活用する時に

ソルトを使いたい場合は、必ずもうひとつ基材をプラスして下さい。

 

 

それはこれ!

 

 

 

 

 

 

バスオイル(=乳化剤)です。

 

(作成手順)

  1. 水にも油にも溶ける乳化剤であるバスオイルと精油を混ぜる
  2. 1にバスソルトを入れ、よく混ぜる

以上

簡単ですね。

 

 

こうすれば、精油はお湯にしっかりと混ざり精油だけが湯面に浮いてくることもありません。

ひと昔前は「精油とバスソルトを混ぜて浴槽に投入」というのが当たり前の精油活用法でした。

 

しかし、現在ではそれは皮膚刺激の可能性があり危険となっています。

アロマの情報は常に、アップデートされています。

あなたの情報、古くなっていませんか?

 

 

 

 

 

 

 

ご自身や大切な人の健康ケアのために活用したい

と考えるなら

精油に対する知識は必須です。

  • ご自身や家族のケアに生かしたい方
  • お仕事に付加価値を付けたい方
  • 高齢者様にアロマを提供したい方

正しいアロマの知識を得て

自信を持って、暮らしにアロマを取り入れませんか?

 

「精油の知識と解剖生理学の基礎を学び、高齢者様へ安心のアロマを提供したい」という方は

ナードアロマ講座へ。

「精油の基礎知識と介護現場でケアを提供出来るハンド&フットケアの技術の習得をしたい」という方は

福祉アロマ講座へ。

 

★「福祉アロマ講座」「ナードアロマアドバイザー講座」「オリジナル講座」レッスン生、随時募集中!

★まずは、無料体験会から。

【11月体験会】

*11月30日(水) 10時

*11月30日(水) 14時

★ご希望に応じ日程調整も受付中!

ご希望の方は、お問合せ下さい。

詳細は、無料体験会をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 法人・団体様向け福祉アロマ出張講座
  2. 福祉の現場(高齢者福祉、障がい者福祉)や職場、地域において、アロマ&タッチケアを実践するために必要な 基本的な知識を学びます。 アロマテラピーの基礎知識や基本的な体のしくみ、タッチケアが心身に及ぼす作用を学んだ上で、ケア現場で 役立つハンド、及びフットケアのトリートメント技術を習得します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP