ブログ

おばあちゃんがおじいちゃんに見えるのはなぜ?~介護アロマでいつまでも女性らしく~

「おばあちゃん」が「おじいちゃん」みたいに見えたこと、ありませんか?

女性はいくつになっても、女性らしくありたい!

 

でも、高齢者施設で座っておられるご利用者様。

時折「この方、男性?それとも女性?」って迷ったことはありませんか?

その場合、大抵は「女性」です。

その原因は「女性ホルモン」。

 

閉経を境に、女性は心身共に大きな変わり目を迎えます。

閉経後も女性らしくあるためには、栄養素としては「たんぱく質の摂取」を心がけること。

 

大人女性は

  • 無理なダイエット や
  • 病気による急激な体重減少

により、女性らしさを失う可能性があります。

 

 

「ホルモンに支配されている」

と言っても、過言ではない女性の体。

 

閉経前後の更年期を元気に過ごすために

さらに、老年期も女性らしさを失わずに過ごすために

アロマテラピーの精油の中には「エストロゲン様作用」

が期待できる精油があります。

つまり、食事に気を付けると共にアロマ的アプローチからも、活用次第では女性らしさを保つことが出来そうなのです。

ナードアロマアドバイザー講座では、「女性ホルモン」についてのレッスン項目があり

  • 女性の人生サイクルにおけるホルモンバランスの変化 や
  • ホルモンバランスを整えることにお役に立てそうな精油

について学んでいきます。

福祉アロマケアでいつまでも女性らしく!

何歳になっても「可愛いおばあちゃん」でいるためのサポートをしたい!

精油の活用と共におススメなのが、アロマケア。

福祉の現場(高齢者福祉、障がい者福祉)や職場、地域において、アロマ&タッチケアを実践するために必要な 基本的な知識を学びます。 アロマテラピーの基礎知識や基本的な体のしくみ、タッチケアが心身に及ぼす作用を学んだ上で、ケア現場で 役立つハンド、及びフットケアのトリートメント技術を習得します。

アロマケアでオキシトシン(=愛情ホルモン)やセロトニン(=幸せホルモン)の分泌を活性化させることは、エストロゲンの分泌と深い関りがあります。

そんな女性らしさに働きかけたい時に使用したい、福祉アロマオイルは「ハピネスオイル」。

福祉アロマオリジナルブレンドオイル販売

*ローズ、ゼラニウム・エジプト、ローズウッド、パルマローザ

といった女性のホルモンバランスを整え、心と身体の強壮が期待できそうなオイル。

何歳になっても「可愛らしさ」を諦めない。

訪問アロマケア

福祉アロマ講座では、ご高齢の方でも安心して受けていただける

「ゆっくり、優しい、密着」にプラスして

「リンパケア理論」に基づいた手技で、健康維持や脳の活性化、意欲的な暮らしにアロマを役立てていただいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 福祉の現場(高齢者福祉、障がい者福祉)や職場、地域において、アロマ&タッチケアを実践するために必要な 基本的な知識を学びます。 アロマテラピーの基礎知識や基本的な体のしくみ、タッチケアが心身に及ぼす作用を学んだ上で、ケア現場で 役立つハンド、及びフットケアのトリートメント技術を習得します。
  2. 福祉・介護アロマ資格 大阪 タッチケア教室・ナード認定スクール 心香(しんか)
  3. 入門・福祉アロマタッチケア講座

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP